料理ブログ・・・じゃなくて、手術ブログになっちゃった(汗) 

こんばんは。連日仕事が終わってから、二男の病院に行ってます。だんだん元気になって来ましたぁ。


でも昨日はね・・・・・・・・

二男の手術が13時半開始だったから、私は13時過ぎに病院に行って息子と少し話をしてから手術室に送り出しました。以前急性虫垂炎の時も全身麻酔でまだ小さかったから、私は大泣きをして二男を送ったの!
今回はもう泣かないと思ったけど、ほんの少しうるっとしちゃいました・・・って、めちゃくちゃ子離れしてませんんん~(笑)。でもね、でもね・・・やっぱり全身麻酔は心配です(汗)。

終了したのが15時40分で、ベッドに寝かされた二男はまだ麻酔が覚めてなくて普通の顔だったけど、看護師さんに起こされてから「どうぞ。」と病室に呼ばれて顔を見たら・・・

目が真っ赤で泣いてる!!! それを見て私は、また泣いてしまった・・・。咽喉が痛いのに絞り出すような声で「い、た、い。」って涙を流す様子は、ホントかわいそうでした。あっ、思い出したらまた目がうるっときたし(笑)。久しぶりに二男の涙を見ました。

それから私はず~っと病室にいて、息子が血が混じったネバネバした唾をティッシュで拭い取るのを見守ってましたよぉ。最初は真っ赤な血だったけど、段々薄くなってきました。痛み止めも聞いてきたみたいだから、少しは楽になってる様子・・・私もちょっと気分的に楽になりました。

私は18時まで病院にいて、二男と過ごしました。私は仕事が終わってすぐ病院に駆け付けたから、夕食準備はな~んにも出来てなかったんです(汗)。
家に帰ると、何と主人が夕食用に解凍してたタイとグチの調理をして、塩焼きを作ってくれてましたよぉ! 
DSC046116 (1)
ありがとう! 助かったぁ。主人が「今さっき焼きあがった所だよ。このくらいの焼き色で良いかなぁ?」って聞くから「うんうん、美味しそうに焼けてるわ。これでええよ!」って笑顔で返しました。

実は、私が帰宅しても主人はテレビを見ながらのんびりしてる→私に対して「ごめん、まだ何もしてないわ。」って言う→それからプチ喧嘩に発展!!!

こんな光景を想像してたんだけど、何と嬉しい光景ではあ~りませんか↑ 何も作る元気がないから、先日半額で買って冷凍してた鶏唐揚げをチンして、朝食時に作ったお味噌汁、そして残り物のカレー、キュウリ(切っただけ)を食べました。
DSC046116 (2)
おかずは少なかったけど、魚を調理してくれた主人に感謝感謝です。やっぱり何かあって大変な時には、助け合いの心があると超助かりますよね!

夕食が終わってから、今度は家族そろって二男の病室に行きました。二男はノートにマジックで言いたい事を書いて、家族で”筆談”が始まりましたよぉ! 集中治療室の面会時間は20時までだから、それまで病室で二男との時間を過ごしました。

痛いだろうけど、早く良くなってね!


\(^o^)/皆様の「ぽちっ」が、ゆいっちょんの元気の源です。順位が上がると、「よーし、料理を頑張って作るぞ~!」って元気が出るので・・・ ブログに来ていただいた記念に、よかったら「ぽちっ」と押してください ね! 


家庭料理 ブログランキングへ


「倹約・節約!工夫しているな!」って思ったらこちらを 


ぽちっ
にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ
にほんブログ村
ゆいっちょんは、とってもう~れしーな~! 感謝します!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

優しいご主人で良かったですね。

こういう時って、御馳走がどうのこうのでなくて、取り敢えず腹に入っていればOKなんです。

だから、それにしては御馳走です。

こんにちは

二男君の手術無事成功して安心しました
扁桃腺と言っても、全身麻酔での手術はとても体力を使ったと思います。
私は、長女を生むときに帝王切開になってしまい、部分麻酔でも麻酔が切れたら2、3日寝れない日が続いたの思い出しました( ;∀;)

そして、旦那様の手料理おめでとうございます(*^^*)
ブログからもゆいっちょんさんの優しい人柄がわかりますが、旦那様も優しい\(^o^)/ご家族もそれぞれ仲が良くてホカホカしながら読んでいます
そして、私、鯛が大好きなので画像を見てお腹がすいてしまいました(笑)
今からお昼作ります\(^^)/

No title

こんにちは

二男さん、扁桃腺の手術をされたんですね。心配だったことでしょう。
無事に終わって本当によかったですね!
親子の絆や夫婦の絆が深まってますます幸せな家族になりますね。
どうぞお大事にしてくださいね。

素流人さんへ

そうなんですよぉ・・・って、のろけてどうする(笑)! ハモをさばいてくれるけど、後はほとんど何もしてくれない主人が、家事の手伝いをしてくれるなんて、ちょっと感激しました。

主婦は家事はもちろん、何か急用が入ると俄然忙しくなって夕食を作る時間が削られてきます(汗)。何も準備してなかったから、正直焦ってたけど、メインディッシュを作ってくれてホント助かりました。

柿ぴーさんへ

温かいお言葉ありがとうございます。手術の数日前から二男はもちろん、家族みんなが不安だったけど、回復が早くてホッとしてます。

柿ぴーさんは帝王切開だったんですね・・・。ママ友に数人いるけど、やっぱり辛かったみたいです。私も急性虫垂炎で5センチ切っただけでも死にそうなくらい痛くて、その時はめちゃくちゃ後悔しました。

ハモしか捌いてくれない主人が、まさか調理して焼き魚を作ってくれたのにはびっくりしました。家族愛を再認識しましたよぉ!

メロン225 さんへ

全身麻酔はやっぱり怖いです。このまま目を覚ましてくれるのかな? 目を覚ましても、声が出るの? 声帯は傷ついてないの? な~んて意識が戻るまでは色々悪い事ばかり考えてしまいましたよぉ。

目が覚めて流した涙に、私ももらい泣きしたけど、物凄く元気で安心しました。

主人もいざとなったら動いてくれるんだぁ、って感心しました。これを機に、もっともっと手伝って欲しいな↑
プロフィール

ゆいっちょん

Author:ゆいっちょん
岡山県在住の主婦で~す。
6人家族で~す。
歳は秘密で~す。でも気持ちはいつまでも29歳で~す。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
富士宮 旅行情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR